かなり凄いのです

フコイダンって最近よく耳にしますね。
でも、その割に一体何のことだか、
詳しく説明できる方は中々いらっしゃらないものです。
わたくしなんぞは、不勉強のせいか、フコイダンのことを、ずっと フコダインと覚えていて、つい最近正しい名前が、 フコイダンとわかった位です。
その位、結構知られているようで、あまり知られていないフコイダンとは、
どんなものでしょう。
簡単に申し上げれば、フコイダンというのは、海藻のわかめや、めかぶ、昆布、
といった海藻類によく含まれる植物繊維の一種なのです。
あの手の海藻は、表面がヌルヌルっとしていますが、そのヌルヌルこそが
フコイダンなのです。
元々日本人はわかめや、めかぶ、昆布というような食品をご飯の際に
頂く習慣があったので、昔のかたは自動的にフコイダンを体内に取り込むことが多々、ありましたが、最近のかたですと、食生活が洋風なこともあり、なかなか、
摂取しきれていないことが多いようです。
フコイダンの効果は、肝機能改善、血圧、コレステロールを下げる、
アレルギーを抑える、等と言われています。
これは正しく、
私達が昔、海藻類を食べると、このような結果が得られると教えられたもの、
そのものですね。
私の家庭では、フコイダンは海藻なので、わかめと同じ効果がある、といっていて、
フコイダンを沢山摂取すると、髪が黒々して綺麗になる、と言われていました。
「髪が綺麗になりたいと思ったら、わかめを沢山食べなさい」とよく、
言われましたが、おそらくこれは、海藻類がミネラル豊富だから
という事から由来しているのだろうと思います。
フコイダンを摂取すると、多分肝臓機能が改善されるので、
人の毛髪やつめなどの強度につながると思います。
フコイダンを配合したものを愛用することによって、
髪につやがでたり、するというのは多分髪の外からの影響もあるでしょうが、
おそらくは体の中(中身)にも良く働きかけてくれているからでしょう。
フコイダン、かなり見直しちゃいますね。